Take it easy.

A life spent making mistakes is not only more honorable,
but more useful than a life spent doing nothing..

冬城オルタナティヴ

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

21
2011  17:09:15

20+17歳になったんで腹いせに映画観た「MAD探偵」

なんかさすがに誕生日がくると焦る年代になってきました。。
でも、おめでとうわたし! ってんで、会社半休して新宿に映画見に行きました。

「MAD探偵」でございます。

ジョニー・トー監督のサイコ・サスペンス。一週間しか上映しないからかなり強行スケジュールで足運びましたけど、見ることができて良かったです。

ストーリーは簡単に説明すると、
幽霊とか生霊とか、一つの別人格の顔を見ることができる、いわゆる心霊特技を持つ刑事が主人公なのです。彼は自分の耳切り落としちゃうとか、あまりにエキセントリックなので警察も解雇されちゃうんですけども、若手刑事が彼の能力を信じて未解決事件を解決してくれと頼りにくるんです。だいたいそんな話。

物凄くちゃんとしたキチガイ映画でした。逃げてない(笑)。
主人公は他人の内面の顔を見ることができるっていう設定なんだけども、それが映像としては違う俳優が演じるのね。つまり、見てると人がどんどん変わる。さっきまで、ラム・カートンだったのが、飯食い始めるとラム・シューに変わったりする。
なかなか頭おかしくなりそうです(笑)。

この映画こそネタばれ無しで楽しんでもらいたいです。
わたしが「おおっ」と思ったのが、人がキチガイになっていく様を描くのはもちろん、人がマトモになっていく様も対比して描いてること。
これはスゴイ皮肉。示唆に富んだ内容で、暗い笑いがこぼれます(笑)。

誕生日のおめでたい日に見る映画では決してない(笑)とは思うけれど、でもとても面白かったです。
ごちそうさま?。

映画の中のいい言葉。
「事件は右脳で考えるんだ。左脳を使うな」
関連記事

 エーガや本の感想

- 2 Comments

ふゆしろ  

李さん、こんにちわ。こちらこそ、ご無沙汰してますー(^^)。
「MAD探偵」は、よかったですよー。
ハイテンションじゃなくちょっとトーンの低い映画かなと思うので、あまり期待せずにしっとりじっくり見るといいかもしれません。

いやいやこちらこそ、あけましておめでとうございますです。すっかり出不精なもんですからご挨拶遅くなりまして、すいませんでした。。
李さんのご活躍期待しています。

2011/02/25 (Fri) 16:19 | EDIT | REPLY |   

李仁古  

お久しぶりです

まずは誕生日おめでとうございます。遅いですが(^-^;

あぁ、やっぱり観ましたか。「冬城さんなら観るだろうなぁ」と思ってました。僕も観る予定です。ただ全国ロードショーと言ってまだ4つの劇場しか決まってないので、少し遠出するしかないのですがね。でもジョニー・トー作品なら遠出する価値はありますよ。今回の『MAD探偵』もずっと観たかった映画なので、今から楽しみです! 冬城さんの感想を見てさらに楽しいです!

最後に凄く遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします(>_<)

2011/02/25 (Fri) 08:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。