Take it easy.

A life spent making mistakes is not only more honorable,
but more useful than a life spent doing nothing..

冬城オルタナティヴ

23
2016  10:59:12

論理学の基礎をきっちり押さえられます「13歳からの論理ノート」

13歳からの論理ノート
アルバイトちゃんに論理的思考を身に着けてもらいたくて、彼女にプレゼントする本を探していてこの本をとりあえず図書館で借りてきてみたです。
なかなか良い本でした。学問の優しい解説書としてとてもよいです。わたしいちおう哲学科出身なので、論理学の講義あったですけど。そんなすごく難しい感じじゃなくて、難しい話を噛み砕いていてとても良い本だと思いました。演繹と帰納の違いもとても分かりやすい。

ただね。やっぱ手法の話に尽きるんだよな。ツールでありスキルの話なのよ。

アルバイトちゃんの身になって考えてみると、これを冬城からもらって読むでしょ。読んでいるうちにたぶん「道具の使い方は分かったけど、それで? ん?」って感じになると思うのよ。
ドライバーでネジの回し方は分かりました。けど、このドライバーっていつ使うの? みたいな。
ツールの使い方が分かっても、そのツールが、いつ、どこで、どのように使えるのかは教えてもらえない。

でもなあ。そういうモンなんですよね……。
そのツールがなぜ必要で、いつ使うのかってことは人に教わるものでもないんですよ。自分で必要性を見出して、自分で習得するしかないんですわ。
わたし自身、論理的な考え方を誰かに叩き込まれたわけでもなく、自然に身に着けたものだし。。

わたしとしては、アルバイトちゃんに、
「雨が降ってきたから傘を差す」人生じゃなくて、
「雨に遭わない日に外出する」人生を送って欲しいんです。
「雨に遭わないために、外出する日を前もって決められる」ようになって欲しい。

対処療法じゃなくて、障害があったからそれをクリアしていくんじゃなくて。
そもそもその障害に合わない生き方を送って欲しいんです。自ら、先を読んで、考えて、道を選ぶ人生を送って欲しい。
だから「論理的思考」が必要なんです。

こうしたい、が無い人生ならそれはそれで一つなのでいいのだけどね……。

まあ、本は本で、もうちょっといろいろ探してみます。
本の感想じゃなかったね(笑)。
関連記事

 エーガや本の感想

0 Comments

Leave a comment