Take it easy.

A life spent making mistakes is not only more honorable,
but more useful than a life spent doing nothing..

冬城オルタナティヴ

27
2013  12:51:22

好きな映画50本リスト2013

インタビューズの方にものっけた記事ですが、転載します。

10年前ぐらいに2003年の好きな映画50本リストを作ってたんですよ。
でも、今見返してみると「それほど好きでもないかなあ」とか「それほど熱っぽく語れないなあ」とかいうのもありましたので新しい映画を入れたりとか、時間が経つにつれ好きになってきた映画なんかもありますので、そんなのを追加してみました。

新しい順に並べたのですが、香港・中国映画が20本弱。日本映画は6本かな。イギリス映画は9本。まあまあ偏ってます。やはり香港映画が増えました。そもそも映画を見に行けないので、その分厳選して自分の見たいものを見るから増えただけですね。
普通の英語の映画は情報源としてそもそも調べなかったりチェックしてなかったりするので激減です。


眺めてみると、「男の映画」系や「人間讃歌だけどビターな現実」系、「ヘンテコ・キチガイ」系、「青春がまぶしくて目が眩む」系とか、「うなる脚本の出来」系とか、そんな感じですね。
ひとまず、それぞれ5分ぐらいは熱っぽく語れる映画を50本そろえました。

「イップ・マン」が無ければ、たぶんわたしはロストレイルでWRをすることは無かったと思います。
ジョニー・トー監督作品はいつでもチェックし、コンプリートしてます。
コーエン兄妹や北野武作品は、好きなんですが意外にも「これだ!」と愛せる映画は少ないです。別に「ソナチネ」の方でもいいんです。10年後には「ノー・カントリー」に変わってるかも。
どうしようもない映画ですけど「デスペラード」は今でも愛している。
「サイン」か「アンブレイカブル」か悩むところもあるけどやっぱり後者。
「殺しの烙印」は最近見て気に入ったので、もっと鈴木清順監督作品を見ると、好み広がるかも。
「ゆれる」は物語と演出の巧みさに震え上がった作品。オダギリ・ジョーだよ(笑)。
リストの中で最古となった「暗殺」はモノクロだけど、丹波哲郎が清河八郎を演ずるマッチングが神がかり的な作品です。何回見ても面白い。大好き。

そんなわけで、以下50本。


冷たい雨に撃て、約束の銃弾を (09、香港・仏)
孫文の義士団 (09、香港・中国)
グラン・トリノ (08、米)
イップ・マン 序章 (08、香港)
人生、ここにあり! (08、伊)
マイ・ブルーベリー・ナイツ (07、香港・米・フランス・中)
鐵三角 強奪のトライアングル (07、香港・中国)
MAD探偵 7人の容疑者 (07、香港)
ホット・ファズ…俺たちスーパーポリスメン! (07、英)
ゆれる (06、日)
エグザイル/絆 (06、香港)
サマー・タイムマシン・ブルース (05、日本)
SPL 狼よ静かに死ね (05、香港)
マッスルモンク (03、香港)
笑の大学 (04、日本)
英雄 ─HERO─ (02、香港・中国)
キス・オブ・ザ・ドラゴン (01、米・仏)
ダスト (01、英・独・伊・マケドニア)
アンブレイカブル (00、米)
鬼が来た! (00、中)
キス★キス★バン★バン (00、英)
スリーピー・ホロウ (99、米)
OVER SUMMER (99、香港)
暗戦 ─DEAD END─ (99、香港)
ビューティフル・ピープル (99、英)
氷の接吻 (98、米)
ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ (98、英)
HANA-BI (97、日)
メイド・イン・ホンコン (97、香港)
ラブ&デス (97、英)
トレイン・スポッティング (96、英)
ヤング・ヒットマン (95、米)
リチャード三世 (95、英)
デスペラード (95、コロンビア)
ゴッド・アーミー ─悪の天使─ (94、米)
パルプ・フィクション (94、米)
楽園の瑕 (94、香港)
カリートの道 (93、米)
スウォーズマン2 ─女神伝説の章─ (92、香港)
フィッシャー・キング (91、米)
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱 (91、香港)
ミラーズ・クロッシング (90、米)
ゴット・ギャンブラー (89、香港)
ベティ・ブルー (86、仏)
未来世紀ブラジル (85、英・米)
デッド・ゾーン (83、カナダ・米)
ミッドナイト・クロス (81、米)
華麗なる賭け (68、米)
殺しの烙印 (67、日本)
暗殺 (64、日本)
関連記事

 エーガや本の感想

0 Comments

Leave a comment